人を愛した神と、神を愛した人の話3

神六長編の最終話です。前話 ―――― 次回のパーティに向けてMZDはスタジオ内の作業場に籠もりきりの日々を続ける。招待状の手配、会場のコンセプト、そして提供してくれた楽曲の編集。やるべき事が山積みだ。なのでこうして自宅に…

続きを読む →

人を愛した神と、神を愛した人の話2

神六長編の三話目です。前話 ―――― このような穏やかな気持ちは初めてだ。彼と恋仲であった時は余裕など持ち合わせていなかったが、関係を終えて数ヶ月が経った今はとても穏やかな心持ちである。六は今の心境をそのように認識してい…

続きを読む →

人を愛した神と、神を愛した人の話1

神六長編の二話目です。前話   恋仲の関係を終わらせる前は、殺伐としている事が常であった。だが今はとても和やかな雰囲気で六と食卓を囲む事が出来ている。まるで出逢った当初をやり直しているようだ。そのようにさえ思え…

続きを読む →

ふと浮かんだ気の迷い

ジャック2p×ヴィルヘルム 上司とのお茶の時間に黒(ジャック2p)は一つの疑問を抱く。   もしも自分が弟と同じく姿を眩ませたら。この上司は心を痛めてくれるだろうか。 妄想なのだから都合のいい上司の表情を思うが…

続きを読む →

人を愛した神と、神を愛した人の話0

神六です。過去にオフ本として出した話の、その後。   以前は恋仲であったあの男もそれまでと同様、後腐れを残しつつ思い出の一つとして記憶も薄れていくのだろう。そのように考えたが、実際は違っていた。 一人で過ごして…

続きを読む →